マイグレーション(クラウド・アプリ移行)

様々なシステム開発を行ってきた創研情報ではシステムのクラウド化だけではなくアプリケーション移行を含めたマイグレーションサービスをご用意しています。

クラウド化からアプリケーション移行までご提供

「コスト削減」や「システムの継続性」などサービス運用を担当する責任者にとって頭を悩ます問題です。クラウド化によって解決出来る内容でも、「どれくらいの時間が掛かるのか」「実際の費用はどれくらいなのか」など業務の合間に行うには難しい問題です。マイグレーションサービスでは、インフラのクラウド化からアプリケーション移行までお客様に変わって対応します。まずは、既存サービスの調査をおこない、クラウド化への最適なご提案、実際の移行作業までワンストップで実現します。
また、インフラのクラウド化とは別にアプリケーション移行のご提案も合わせて行っております。

マイグレーション(クラウド化)の目的は?

サービス内容によってはハウジングやホスティングという選択肢も 多くのユーザはクラウドを利用することによってメリットを受け取ることが出来ます。ただ、すべてのサービスをクラウド化することが難しいのも事実です。社内コンプライアンスで個人や企業データをクラウドに置くことを禁止している企業もあります。ならば、必要な部分を必要なだけクラウド化。

実際にクラウド化のフローは?

システム調査からご提案・移行までをワンストップでご提供 まずはご利用中のシステムを調査。調査後、クラウド化が最適であれば改めてご提案を行います。ご提案内容に同意いただければお見積書を提示いたします。その後、ご注文書をいただき実際に移行作業へ。移行先のクラウドで動作確認を行い納品となります。

数年前に構築したクラウド環境の見直しも

今の環境は最適ですか?「クラウド」to「クラウド」もご提供 クラウド黎明期に構築したシステムは、今のクラウドサービスと比べると見劣りがするのも事実です。数年前にはユーザが構築などを
おこなっていた「データ分析」や「自動化」などもクラウドベンダーが提供しています。また、データベースのRelational Database Service(RDS)は各ベンダーが標準で実装しており、ミッションクリティカルなサービスでの導入は当然の様に導入されています。
今のシステムを改めて見直すことによって最適な環境やコストを手に入れることが出来るかも知れません。

クラウド化だけはなくレガシーなアプリケーションも対応

クラウド化だけではなく、「曇斗」ならアプリケーションのマイグレーションも対応 「もうクラウドは利用している」「今回は構築に時間を掛けたくない」「構築作業をアウトソースしたい」などという時には、「雲斗」を検討してみてはいかがでしょうか。インスタンスの作成やネットワーク設定はもちろん、インスタンス内のミドルウェアやアカウント設定などお客様に変わって設定代行を行います。納品後は、すぐにシステム開発やWeb製作を行うことが可能です。
ここではほんの一部の構築サービスの内容と費用をご紹介。記載の無いものについてはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム